晴天を誉めるなら夕暮れを待て

日々思う 趣味や 恋愛の  徒然ヒトリゴト
別名:戦うOL様日記
<< Season ten -6- | TOP | なんかゴメン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | author スポンサードリンク | - | -
Season ten -7-
やり過ぎ感は否めない。

だが、それをうまく纏めた面白さがある。
後味が悪くないのが救い。


なにしろ、「強く殴りすぎですよ」に答えた「力入っちゃって〜」の神戸さんの顔がひたすら可愛い
暇課長とのやり取りを含め、事件後だけでも見る価値あり。
「あれ、それどうしたの?」と杉下さんの口の端の怪我を指摘する暇課長に後ろから神戸さんが「ヤベ、黙れ」みたいな顔してるのも、すごい可愛いですから。


杉下さんが加藤氏と共にトラックを離れた時点で
「尊くん、トラックの中で間違いないね」
と思わず家族全員で突っ込むところが楽しい我が家。

犯人の手をがしって掴んだときの、あの真面目というか眉間に力を入れた険しい顔も、可愛いというのはどうなんだろう。どうしてあんなに神戸さん可愛いのかな??

私は、杉下さんがあの場面で神戸さんに自分を殴らせるまでは、加藤氏を疑っているのかと思っていました。残念、はずれてしまった。

あのヤラセ喧嘩場面のセリフは少々芝居がかっててやり過ぎ感がここで否めませんでしたね。
もっともだからこそ犯人がボロを出したのかと思うことも出来ますが。

しかしまぁ。
こういうのもいいですが、やっぱり捜査は相棒二人でしていてなんぼですね。
捜査中の突っ込みがないと、ちょっと淋しいです。


神戸さんも突っ込み入れられなくて、ついでに突っ込み入ってこなくて淋しいのでは?


日記 | author るか | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://do-ya-do.jugem.jp/trackback/177
トラックバック